漫画

ベルモットはいつコナンの正体に気づいたのか?

更新日:

 

ベルモットはコナン(新一)の子供の頃の顔を知っている?

ベルモットは母であり有名女優であるシャロン・ヴィンヤードに化け一人二役をしていた。

コナン(新一)の母である有希子とシャロンは友人だったため、

幼いころの新一と会っている可能性がある。

 

コナンを見かけたのはベルモット(クリス・ヴィンヤード)初登場時?

黒の組織との再会(24巻)にて。

クリスヴィンヤード(ベルモット)の初登場時、

会場から出ようとしたときマスコミのフラッシュを浴びている灰原を何者かが見つけ(ピスコ)幼いころのシェリーではないかとパソコンで確認しているシーンがあったが、

 

フラッシュで注目を浴びた際、ベルモットはコナンを見かけ、新一の幼少期と瓜二つであることから疑いをもった可能性が考えられる。

しかもコナンは灰原を組織に少しでもバレないようにと、変装用に使っていた自分のメガネをかけさせていた。

ベルモットが幼少期の新一を知っていればメガネをかけていない分、気がつく可能性が高くなる。

ちなみにその時ではなく、会場内のどこかでコナンを目撃しているとも考えられる。

 

 

コナンを新一だと疑った描写

そして事件後、ジンやウオッカと合流したベルモットはこんな発言をしている。

「ちょっと引っかかることもあるしね」

これは灰原を見かけてシェリーの幼児化を疑ったのか、

コナン=新一が幼児化しているのではと疑ったのか

どちらかは分らないが、その後ベルモットは新出先生に成りすまし付近の小学校を内科検診をして回りながら身辺調査をしていた。

 

 

 

内科検診で新出先生に変装しコナンを探し出す

その後、バスジャック事件(29巻)でコナンと新出先生(に化けたベルモット)は顔を合わせている。

帝丹小学校の内科検診を数日前にしていた、という内容から、内科検診時にコナンの顔をはっきりと確認し、コナンの正体に確信をもった可能性が高い。そしてその後も調査を続け、偶然を装い同じバスに乗り込んだ。

 

 

ちなみに(29巻)バスジャック事件の冒頭のジンとベルモットの会話シーン

ジン「それより例の探し物は見つかったのか?」

ベルモット「そうね・・・本命はまだって所かしら?・・・」

この会話から内科検診でコナンを確認し、コナンの身元を調べ正体が新一ということは突き止めた

内科検診を休んでいた灰原とはまだ対面していないので本命の相手=追っていた抹殺するべきターゲットである灰原の居場所まではこの時点ではまだ突き止めていないという意味にとれる。

 

 

コナンの正体を暴いたのに手を出さない理由は?

そしてバスジャックのさなか(29巻)、銃を突き付けられたコナンを新出先生(ベルモット)がかばった場面。

この行動からこの時点でベルモットはコナン=新一であることに確信をもっている。

 

後にFBIのジョディ捜査官も

「ジャックされたバスの中であなたが身を挺してまで守ったあの訳・・・」

命の危険を顧みずコナンを守ったことに疑問を投げかけている (42巻)

 

ベルモットがコナンを守った理由は、以前に新一と出会った時、彼に命を助けられたこと。

そして新一の

「人を助ける行動に論理的な思考は存在しない」という

言葉に心を打たれたこと。(35巻)

 

そんな過去がありベルモットは

「わたしの胸を貫いた彼なら 長い間待ち望んだシルバーブレッド(銀の弾丸)になれるかもしれない」

と彼に一目置いており、自分の心に変化をもたらしてくれた特別な存在として大切に思っている。

 

 

ベルモットがコナンの正体に気づいたのはいつ?

というわけでベルモットがコナンの正体(新一が幼児化したこと)に気がついた(疑いをもった)のは、

ベルモット(クリス・ヴィンヤード)の初登場時のコミック「24巻」。

 

そしてコナンを見つけ出したのは

新出先生に変装して内科検診を行い、小学校の生徒であるコナンの顔を確認した時。

 

そしてその後、コナンの身辺調査を続け工藤新一と同一人物だと確信。(確信しているシーンは無い)

バスジャック事件(29巻)でコナンを身を挺して守ったため、その時点では完全に新一だと確信していると思われる。

 

のではっきりとは分からないが

コミック24巻~29巻の間になるという事になります。

 

 

 


名探偵コナン 24巻

 

国内最大級60万冊の品揃え!ソニーの電子書籍ストア【Reader Store】

 


 



-漫画
-

Copyright© 漫画・映画・ドラマ・有名人の感想&考察まとめサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.