漫画

【赤井務武(あかいつとむ)】赤井秀一・羽田秀吉・世良真純の父親は生きている?

投稿日:

赤井務武(あかいつとむ)は生きている?

92巻 さざ波シリーズの回想シーンにて

10年前、赤井秀一と母であるメアリー世良の会話から

頭を冷やして思い出しなさい・・・

主人が死ぬ前、この安全な国に私達を送った時に言った言葉を・・・

「いいか、この先、私はいないものと思え・・・

どうやら私はとんでもない奴らを敵に回してしまったようだ・・・」

ーーーっていうあのメールをね・・・

 

母さんこそ忘れてるんじゃないのか?

父の遺体はまだ発見されていないって事を・・・

 

この会話から分かることは、

 

・メアリー世良は夫である赤井務武が死んだと言っている。

・赤井務武は「いないものと思え・・・」とメールで言っているだけ。

・息子である赤井秀一は父の遺体はまだ発見されていない=生きていると思っている。

 

ということ。

 

アメリカで勉強したいって言うから留学させたのに・・・

実は「父の事件の真相を探りに行ってた」ですって?

 

秀一は父の事件の真相を知るためにアメリカに留学していた。

 

秀一兄さん・・・

ああ、7年振りか・・・大きくなったな秀吉・・・

この回想シーンが10年前なので、

赤井秀一が父の真相を探るべくアメリカに渡ったのは今から17年前。

 

現在の赤井秀一は33歳なので、

この回想シーンの「さざ波シリーズ」の時は10年前で23歳。

それ以前は7年間アメリカ留学していたとして渡米直前は16歳。

 

赤井務武は17年前の羽田浩司の事件を調査するため渡米し姿を消した。

 

ということは

赤井秀一が16歳の時に父親である赤井務武が消息を絶ったことになる。

 

 

17年前の羽田浩司殺害事件をきっかけに

赤井務武が姿を消し、

赤井秀一は父が行方不明になってからすぐに渡米したことになる。

 

 

 

96巻 世良真純の回想シーン

ロンドンでパパに会いに出て行ったママが・・・

少女の姿で帰ってきたのを目の当たりにしてなきゃね!

 

腑に落ちないのがこのセリフ。

ロンドンでパパに会いに出て行ったママが・・・

と、当たり前のように父親が生きていることを証言しています。

 

 

この回想シーンから読み取れるのは、

これがいつ頃かはわかりませんが、

世良真純は中学生から高校生くらいの姿。

 

 

このまま単純に考えると、

17年前に消息を絶ったはずの赤井務武。

しかし世良真純とメアリーは父親の生存を知っていて密会していた。

 

おそらくこれが初めて赤井務武に会いに行くシーンではない。

笑顔でメアリーを見送る世良の表情からしても、この時以前に、赤井務武に会っているか、生存を確認している。

 

世良真純が生まれてから初めて父親に会うのであれば、

こんなに余裕の表情ではなく、もっと深刻な表情で描かれるはず。

むしろメアリーについて父親に会いにいくはず。

 

もし、赤井務武から連絡が来たと見せかけて組織の罠、という場合もあるので、

メアリーが真純を守るために置いていった・・・としたら、

余計に真純は深刻な表情をしているはず。

 

 

 

これが本当なら、

16歳から必死に父を探していた赤井さんがかわいそう過ぎません?

 

何かの事情があって秀一には話せなかったとして、

それでも父を探すためにFBIにまでなって、父の遺体は見つかっていないと、生存を信じている赤井さん。

 

もし本当だったら、

時間返せってなりますよ。

 

生きてたとしても相当遺恨残りますよ。

 

この辺はどうか、赤井さんのためにも、納得のできる展開をお願いしたいところです。

 

 

 

-漫画
-

Copyright© 漫画・映画・ドラマ・有名人の感想&考察まとめサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.