車中泊に必要なものとは?おすすめのJackeryポータブル電源も紹介

Tech

オフの楽しみの1つとして車中泊したいとお考えの方の中には、車中泊にどんなものが必要なのか知りたい方もいるでしょう。

この記事では、車中泊に必要なものと、車中泊にポータブル電源がおすすめな理由を併せて解説します。

車中泊に必要なもの

冷暖房

夏や冬の車中泊には、冷暖房は欠かせません。

車のエアコンを使用すると、エンジンをつけっぱなしにしておかなければならないので、車のエアコンとは別で冷暖房器具を用意しておくことが望ましいのです。

車載冷蔵庫

車中泊を伴う長距離ドライブをする場合には、車載冷蔵庫があると便利です。

特に夏季は車内が非常に暑くなるため、車載冷蔵庫は食品の保存に最適です。

ポータブル電源

車中泊で冷暖房や車載冷蔵庫を使用する場合は、電源が必要です。

車載できる電源としては、ガソリン式やカセットボンベ式の発電機もありますが、最もおすすめできるのはポータブル電源です。

車中泊にポータブル電源をおすすめする理由

持ち運びができる

ポータブル電源のメリットは、どこへでも持ち運びができることです。

車中泊の電源として使用するならば、重量30kgを超えるような大型のポータブル電源でも問題なく車載できます。

排気ガスが出ない

ポータブル電源のもう1つのメリットは、排気ガスが出ないことです。

電源として一般的になっているガソリン式やカセットボンベ式の発電機は、排気ガスを排出するため、車内で使用すると換気が必要になります。

車中泊におすすめのJackeryポータブル電源

車中泊にポータブル電源があると、冷暖房や車載冷蔵庫以外にもさまざまな用途に使えます。ここでは車中泊に適したポータブル電源をご紹介します。

Jackeryポータブル電源2000Plus

「Jackeryポータブル電源 2000 PLus」は、車中泊に最適のポータブル電源です。

2042Whという大容量と、3000Wという高い定格出力の組み合わせが、あらゆる冷暖房器具の使用を可能にしています。

また、最新型のリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しているので、充放電できる回数が従来のリチウムイオン電池よりも飛躍的に向上しました。

具体的には、4000回ものサイクル回数が可能なので、毎日フル充電しても10年以上使えることになります。

https://www.jackery.jp/products/explorer-2000-plus-portable-power-station

 

Jackeryポータブル電源1000Plus

「Jackeryポータブル電源 1000 PLus」は、Jackeryポータブル電源の中でもミドルクラスのモデルで、車中泊におすすめのポータブル電源です。

「Jackeryポータブル電源 2000 PLus」と同じようにリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しており、サイクル回数も同じく4000回なので、毎日フル充電しても10年以上使えます。

容量は1264Wh、定格出力は2000Wあり、車中泊する場合には特にコストパフォーマンスの高いモデルです。

https://www.jackery.jp/products/explorer-1000-plus-portable-power-station

 

Jackeryポータブル電源300Plus

「Jackeryポータブル電源300 PLus」も、小型のモデルながらリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載したポータブル電源です。

サイクル回数が3000回と超長寿命なうえに、重量わずか3.75kgという軽さで、リュックに入れて運ぶこともできます。

スペックは、容量288Wh・定格出力300Wで、電気毛布やポータブルクーラーを使用することができるので、単独や少人数での車中泊などにおすすめです。

https://www.jackery.jp/products/explorer-300plus

 

まとめ

車中泊に必要なものは個人の生活スタイルによって差がありますが、夏や冬の冷暖房と、車載冷蔵庫の2つは備えておいたほうがよいでしょう。

また、車中泊用のポータブル電源を購入されたいの方は、リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載したJackeryのポータブル電源をぜひご検討下さい。

See also  ソーラー発電機は防災に役立つ?おすすめのJackery(ジャクリ)発電機も紹介
Rate article
syumi-matome.com
Add a comment