フィボナッチ・リトレースメントとは?トレードでどのように役立つのか?

Tech

トレーディング界において、たとえ初心者であっても「フィボナッチ・リトレースメント」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。フィボナッチ・リトレースメントとは、トレーダーが市場の支持線と抵抗線の潜在的なレベルを決定するために使用する人気のテクニカル分析ツールのことです。この記事では、フィボナッチ・リトレースメントについてとその仕組み、そしてトレードに役立つ方法について詳細に解説します。

フィボナッチ・リトレースメントとは?

フィボナッチ・リトレースメントは、市場の潜在的な支持線と抵抗線のレベルを識別するために使用される、テクニカル分析ツールです。このツールは、市場が一連の波で動くという考えに基づいており、これらの波をフィボナッチ比率で特定し、分析することができます。

フィボナッチ比率とは、フィボナッチ数列から派生した数字の羅列です。1、1、2、3、5、8、13、21、34、55などのように、各数が前の2つの数の和となる数学的数列となっています。ちなみに、トレーディングでよく使われるフィボナッチ比率は、0.236、0.382、0.500、0.618、0.786です。

代替テキスト:フィボナッチ・リトレースメントとトレーディング

出典: https://pixabay.com/vectors/fibonacci-golden-ratio-3594147/

フィボナッチ・リトレースメントの仕組みは?

フィボナッチ・リトレースメントをトレーディングで使うには、市場のトレンドを見極めることが大切です。トレンドとは価格の波のことで、上昇(上昇トレンド)もしくは下降(下降トレンド)する方向性を指します。トレンドを確認したら、フィボナッチ・リトレースメントを使用して、潜在的な支持線と抵抗線のレベルを決定することができます。このツールは、世界的な証券ブランドであるPortradesが提供するものを含む、評判の高いほとんどのトレーディングプラットフォームで利用可能です。

これを行うためには、トレンドの高値から安値まで(上昇トレンドの場合)、またはトレンドの安値から高値まで(下降トレンドの場合)の線を引く必要があります。この線をフィボナッチ・リトレースメントラインと呼びます。

フィボナッチ・リトレースメントラインを引くと、ツールは自動的にフィボナッチ比率をチャート上にプロットします。これらの比率は潜在的な支持線と抵抗線のレベルを表し、トレードの潜在的なエントリーポイントとイグジットポイントを特定するために使用できます。

フィボナッチ・リトレースメントは、トレードにどう役立つのか?

フィボナッチ・リトレースメントラインについて、Portradesの専門家に相談したところ、次のような説明を受けました。これらのレベルは、トレードの潜在的なエントリーポイントとイグジットポイントを特定するために使用することができ、独自の市場分析と組み合わせることで、優位性を発揮します。しかし、それのみに頼らず、必ず他のツールやインサイトを導入することが必要です。

代替テキスト:フィボナッチ・リトレースメントを使ったトレーディング

出典: https://unsplash.com/photos/VkRq5w3asCA

例えば、上昇トレンドをトレードしているときに、フィボナッチ比率0.618まで価格がリトレースしてきたとします。これは、潜在的な支持線となる可能性があります。このレベルで買い注文を出し、損切りはフィボナッチ比率0.786のすぐ下、利食いは次の抵抗線となりうるレベルで行うことができます。

同様に、下降トレンドでトレーディングをしていて、価格がフィボナッチ比率0.618まで後退した場合、これは潜在的な抵抗線になる可能性があるわけです。このレベルで売り注文を出し、損切りはフィボナッチ比率0.786のすぐ上、利食いは次の潜在的なサポートレベルで行うことができるのです。

まとめ

これらのフィボナッチレベルは、価格が転換する可能性のあるエリアとして機能します。しかし、これらの支持線・抵抗線は、他のツールや指標と組み合わせて使用するのがよいと言えます。オシレーターやシンプルなプライスアクションの原則は、ノイズを取り除き、成功確率の高いトレーディングのセットアップを獲得するのに役立ちます。

See also  ソーラー発電機は防災に役立つ?おすすめのJackery(ジャクリ)発電機も紹介
Rate article
syumi-matome.com
Add a comment