「停電したら」の対策!知っておくべき必需品リスト

Misc

停電は突如として起こるものであるため、事前に対策をしておくことが重要です。

本記事では、停電したら取るべき対策から、停電の備えとして必須のアイテムまで紹介しますので参考にしてみて下さい。

 

目次

1.停電したら何をすればいい?

1.1自宅のみ停電している場合

1.2周辺一帯が停電している場合

2.「停電したら」の必需品5選

3.停電の備えならJackery Solar Generator!

 

 

1.停電したら何をすればいい?

 

停電が起きた際は、状況を確認した上で 停電対策を取る必要があります。

まずは、自宅のみ停電しているのか、周囲の家も停電しているのか確認しましょう。

 

 

1.1自宅のみ停電している場合

ブレーカーが落ちている可能性があるため、分電盤を確認します。分電盤内のブレーカーには以下の3種類があります。

  • サービスブレーカー(アンペアブレーカー)

契約容量を超えて宅内で電気をしようしている場合に落ち、サービスブレーカーが落ちると宅内全体が停電します。

  • 漏電ブレーカー

漏電を検出した際にブレーカーが落ち、宅内全体が停電します。

  • 安全ブレーカー

特定の回路での使用電力が多い場合にブレーカーが落ち、特定箇所のみ停電します。

安全ブレーカーが落ちている場合は、停電している部屋で使用する電化製品をコンセントから抜き、使用する点数を減らした上で、安全ブレーカーを上げます。

漏電ブレーカーもしくはサービスブレーカーが落ちている場合は次の手順で確認をします。

 

  1. ブレーカーをすべて落とす。
  2. サービスブレーカーを上げる。
  3. 漏電ブレーカーを上げる。
  4. 安全ブレーカーを一つずつ上げる。

 

特定の安全ブレーカーを上げた際に漏電ブレーカーが落ちた場合は、該当の箇所で漏電の可能性があるため、電力会社や電気工事会社に相談をしましょう。

また、ブレーカーが落ちておらず、停電の原因が思い当たらない場合も電力会社や電気工事会社に相談をしましょう。

 

1.2周辺一帯が停電している場合

 

周辺一帯が停電している場合、配送電網に問題があることが考えられます。

 

停電の解消とともに、電化製品に電源が入ってしまう場合があります。通電時の火災の危険があるため、コンセントから各電化製品の電源プラグを抜いておくようにしましょう。

 

特に発熱する機器には注意が必要です。

 

また、避難を伴う際は、同様の火災の危険性があるため、ブレーカーをすべて落とすようにしましょう。

 

2.「停電したら」の必需品5選

 

停電が発生してからでは対策ができないため、事前の準備が必要です。 以下では、停電の際の必需品を5つ紹介します。

  • 飲食料品

大規模停電による備えとして推奨されるのが3日分の飲食料品です。

飲料水(1人あたり3リットル/日)、食料(加熱等の不要な食料)

  • 照明

夜間の停電対策として照明が必要になります。ろうそくなどは火災につながる場合もあるので、懐中電灯がおすすめです。

  • 衛生管理用品

停電時には水道が止まるケースが存在します。手洗い等ができなくなることもあるため、常備薬に加えて、ウェットティッシュ、除菌スプレーなどを用意しておきましょう。

  • 情報収集用のラジオ

スマートフォン等でも情報収集が可能ですが、停電の状況によっては通信回線が使えなくなることがあります。情報収集用の機器としてラジオを用意しておきましょう。

  • 非常用電源

ラジオやスマートフォン、懐中電灯の電源として 非常用電源を用意しましょう。

 

非常時への備えは、備品の用意を行うだけではなく非常時にどのように行動するかを合わせて計画しておくことで力を発揮します。

 

非常時の行動計画と、備品の設置場所を事前に明らかにしておくと良いでしょう。

 

3.停電の備えならJackery Solar Generator!

 

停電時の非常用電源としておすすめしたいのが、「Jackery Solar Generator 」です。Jackery Solar Generator シリーズ」はポータブル電源とソーラーパネルをセットにした製品です。

 

特に、今夏発売した「Jackery Solar Generator 1000 Plus」「Jackery Solar Generator 2000 Plus」は耐久性と安全性の高いリン酸鉄リチウムイオン電池を採用したポータブル電源をセットにしているため、より安心して使うことができます。

 

それぞれ、ポータブル電源の性能が高いため、家庭用の電化製品の殆どに対応しています。

 

まずは停電の備えとして導入したいというのであれば「Jackery Solar Generator 1000 Plus」、

Jackery Solar Generator 1000 Plus ポータブル電源 セット

 

同時により多くの電化製品を動かす必要がある方は「Jackery Solar Generator 2000 Plus」を選ぶと良いでしょう。

Jackery Solar Generator 2000 Plus ポータブル電源 セット

 

どちらのモデルもバッテリーの拡張オプションもあるので後から電池の容量も増やせます。

 

4.まとめ

 

停電の際に慌てないために、事前に必需品の準備と停電時の対応を計画しておくことが大事です。

特に、停電の際に安心して行動ができるかどうかの肝になるのは電気です。

電源問題に不安な方はポータブル電源を検討してみても良いでしょう。

ポータブル電源を利用することで、照明や情報収集機器の電源として以外にも、夏や冬の冷暖房問題まで解決可能です。

 

 

 

See also  バカラがゲーマーに人気の5つの理由
Rate article
syumi-matome.com
Add a comment